/

この記事は会員限定です

火中のライブドアへ ソニーマンの難病

[有料会員限定]

2006年1月18日。ライブドアへの強制捜査のニュースが伝わってから2日がたっていたが、株式市場はますます混乱していた。午後になると東証はシステム処理能力の限界が迫ったため、全銘柄の売買停止という異例の処置に迫られた。日本の株式市場が突如としてストップする、いわゆる「ライブドア・ショック」だ。

「万が一の時には」

ちょうどその頃、六本木ヒルズ38階の一室に会計ソフト、弥生の社長である平松庚三が呼び出された。弥生は04...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2727文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ネット興亡記 第2部

21世紀に入りインターネットが我々の生活を変え始めた頃、スター経営者が誕生した。彼らの多くは「オールドエコノミー」の大人たちとの戦いの中で苦汁を飲まされた。だが、その挑戦は一度や二度の敗北では終わらない。「敗れざる者たち」の再起の物語を追う。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン