/

米株に「VIXショック」の予兆?(市場点描)

米株式市場でダウ工業株30種平均が最高値圏で推移している。貿易摩擦の心配などどこ吹く風と買いの勢いが止まらない中で「相場調整の予兆」を示す指標もちらほら目立ち始めた。そのひとつがヘッジファンドなど投機筋による米国株のオプション取引の持ち高だ。

JPモルガン証券の阪上亮太氏によると米国株の変動率が高まると上昇する「VIX指数」の投機筋の売越幅は9月25日時点で14万枚と昨年11月以来の高水準だ。オプションの持ち高から投資家の強気・弱気の度合いを示す「プット・コール・レシオ」も強気に傾く。

ただ、阪上氏は「2月に米株発で起きた『VIXショック』の直前の状況に似てきた」と指摘する。相場の変動率を一つのシグナルとして投資資産の保有比率を機動的に変更する「リスク・パリティ戦略」のファンドやクオンツ系ファンドの米国株の買い持ち高が1月に近い水準に積み上がってきたのも気がかりだ。

VIXショックの引き金を引いたのは米長期金利の上昇だった。仮に米国株が調整すれば、日本株への波及も避けられない。楽観ムードが広がっているときこそ、思わぬきっかけで株価が下落する可能性にも目配りしておいた方がよさそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン