2019年3月24日(日)

原油タンカー運賃上昇、年初来高値 中国向け輸送増

2018/10/4 21:36
保存
共有
印刷
その他

原油タンカーの運賃が上昇し、年初来高値を更新した。中国向けの原油輸送の需要増加が背景だ。大型オイルタンカー(VLCC、載荷重量約30万トン)の運賃指標となるワールドスケール(WS)は中東―極東航路で60前後。用船料(船のチャーター料)に換算した場合、1日当たり2万4000ドル前後で1カ月前と比べて6割高い。2017年11月以来の水準だ。

主な原油輸入国である中国の燃料商社が、国慶節(建国記念日)の大型連休を控えた9月末にタンカーの調達を急いでスポット(随時契約)市場で船の不足感が強まった。最近の原油価格の上昇に伴う船舶燃料の高騰で海運会社の運航コストも大幅に上がっている。運賃低迷で採算割れの状態が続く海運各社が強気の姿勢で運賃引き上げに動き始めた。

老朽船の廃船処理が増えたのもタンカー運賃の押し上げ要因だ。20年に燃料油の環境規制が強化されるため、改修コストのかさむ老朽船をスクラップ業者に売却する海運会社が相次いでいる。今年の廃船数は30隻を超え、新造船の就航数を上回る。北半球の冬場に向けて暖房用の原油輸送需要は一段と伸びる見込みだ。タンカー運賃も先高観が強まっている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報