平塚信金が「読書通帳」 市内図書館で配布

2018/10/4 22:00
保存
共有
印刷
その他

平塚信用金庫は神奈川県平塚市と連携し、読んだ本の内容を記録する「読書通帳」を市内の図書館で配布する。金融機関の通帳と同様の体裁にした限定デザインの通帳8000冊を同信金が作製し、市に贈呈する。地域の子どもが読書に親しむ機会を増やす狙いだ。

読書通帳は読んだ日付や題名、感想などのメモを自分で記入する。市の図書館設置70年を記念して25日から2019年3月末まで配布する。中学生以下の子どもが対象で、市内の図書館4館と移動図書館で用意する。限定デザインの配布終了後はインターネットで通常デザインの読書通帳をダウンロードできるようにする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]