/

この記事は会員限定です

イラン原油輸出急減、2019年に半減も 米制裁第2弾発動まで1カ月

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】トランプ米政権のイラン核合意からの離脱に伴い、原油や金融を含む関連制裁が完全に復活する11月5日まで1カ月となった。日本や韓国、欧州などが原油の輸入を想定以上に減らし、2017年に日量250万バレルだった輸出は8月に200万バレルを割り込んだ。イラン経済への影響は深刻で、穏健派のロウハニ政権への打撃が広がりそうだ。

米はイランへの制裁を2段階で再開する。8月6日までを準備期限と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン