障害者の「働きたい」後押し ヴィスト(北陸きら星)

2018/10/5 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

障害者雇用への関心が高まっている。今年4月から従来の身体、知的に加えて精神障害者が雇用義務の対象となる一方、中央官庁などで雇用者数の水増しが発覚した。ダイバーシティ(多様性)への配慮は追い風だが、障害者は多くの課題も抱える。ヴィスト(金沢市)が手掛けるのは働きたい障害者への支援だ。

奥山純一社長は大手人材サービス会社での勤務を経て、ヴィストを立ち上げた。背景にあるのは、難病をきっかけに双極性感情…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]