可動式眼鏡フレーム、頭の負担軽く カズプランニング
eスポーツ向け ヘッドホン着用を想定

2018/10/5 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

眼鏡枠製造のカズプランニング(福井市)は、ヘッドホン着用を前提とした眼鏡フレームを10月下旬に発売する。ゲーム対戦競技「eスポーツ」市場の拡大を見込み、テンプル(ツル)が可動式で長時間着用してもこめかみに負担がかからないフレームを開発。プロチームなどと提携し、国内で1万本、世界で10万本の売り上げを目指す。

通常、eスポーツのプレーヤーは1日6時間程度休みを取らずにゲームをする。ヘッドホンとマイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]