スマートシティの展示会 けいはんなで

2018/10/4 19:16
保存
共有
印刷
その他

京都・大阪・奈良にまたがる関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)で4日、持続可能な社会の実現を目指す総合展示会「京都スマートシティエキスポ」が始まった。IoTや電気自動車(EV)などスマートシティ関連の国内外の約100企業・団体が出展し、60人以上の専門家・研究者が講演などを行う。

IoTや電気自動車など約100企業・団体が出展した「京都スマートシティエキスポ」

けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)で5日まで開催する。運営協議会会長である中本晃・島津製作所会長は「学研都市から目指すべきスマート社会を発信していきたい」と話した。同展示会にあわせ、近隣のけいはんなプラザでは、関西エリアを中心として先端技術を持つ企業などを集めた「けいはんなビジネスメッセ」を同時開催する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]