2018年10月17日(水)

エアウィーヴ、「マサル」専用マットをザギトワ選手に贈呈

サービス・食品
小売り・外食
2018/10/4 18:24
保存
共有
印刷
その他

寝具メーカーのエアウィーヴ(東京・中央)は4日、平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手に、愛犬「マサル」専用のマットレスを贈呈した。同社がペット専用のマットを実用化したのは初めて。エアウィーヴの高岡本州会長兼社長は同日、ペット市場への参入を検討している方針を明らかにした。

マットレスを贈呈され笑顔を見せるザギトワ選手(右)とエアウィーヴの高岡会長兼社長(さいたま市内のホテル)

秋田犬のマサルは日本の秋田犬保存協会が今年の5月にザギトワ選手に贈呈。そのかわいらしさから秋田犬ブームを起こすなど、話題となっていた。今回贈呈されたマットレスは、クッション部分とカバー部分が取り外して洗える。現在22キログラムを超えるマサルの体にサイズに合わせて大きいものを新たにつくった。

ザギトワ選手はマサルと同居する飼い猫とがマットレスを取り合っていると話し、「マサルはすっかり気に入って、自分のものだと示すためにマーキングをしてしまった。でも、汚しても、カバーが外せるので洗える」と笑顔を見せた。

エアウィーヴの高岡氏は、自身も以前ブルドッグを飼っていたという愛犬家。「秋田犬やブルドッグのように体重の重たい犬は寝ている時に負担がかかる。ザギトワ選手にもマサル用のマットレスをつくったらいいのではと話すと喜んでくれたのがきっかけ」と専用マットレスに自信を見せた。高岡氏はサプライズプレゼントとして、猫用の小さいマットレスもザギトワ選手に贈呈した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報