/

「アルファ碁」の英社、乳がん診断で慈恵医大と共同研究

米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の英ディープマインドは4日、東京慈恵会医科大学と人工知能(AI)を使ってX線画像から乳がんを見つける研究を始めると発表した。同社は2016年に世界トップ棋士を破った囲碁AI「アルファ碁」を開発し、高い技術を持つ。過去に撮影した大量の画像をAIに学ばせ、医師を上回る診断技術の開発を目指す。

ディープマインドは英国で乳がんを検出するAIの研究を始めており、これに慈恵医大が参加する。慈恵医大付属病院で2007~18年に撮影した約3万人分のマンモグラフィー(乳房X線撮影検査)画像と、英国で蓄積した3万人分の画像を使う。慈恵医大は超音波診断装置や磁気共鳴画像装置(MRI)で撮影した画像も提供する。研究期間は5年を予定する。

乳がんは女性がかかるがんで最も比率が高く、世界で年間50万人超が死亡しているとみられる。診断には通常マンモグラフィーを使うが、乳腺の密度が高い人など判別しにくいケースも少なくない。国や人種に関わらずがんを見つける技術の開発を目指す。

ディープマインドは医療領域で、網膜の一部に異常な血管ができる加齢黄斑変性など目の疾患を検出するAIも開発している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン