2019年9月18日(水)

副大臣、政務官は派閥均衡 女性は計6人

2018/10/4 19:30
保存
共有
印刷
その他

政府は4日、第4次安倍改造内閣発足に伴う副大臣25人、政務官27人の人事を決めた。各派のバランスを重視した「派閥均衡」の配置となった。女性の人数は副大臣5人、政務官1人の計6人。2017年11月の第4次安倍内閣発足時の計3人から増えた。

認証式を終え記念撮影に臨む副大臣(4日午後、首相官邸)

認証式を終え記念撮影に臨む副大臣(4日午後、首相官邸)

派閥別では最大派閥の細田派が最多の計12人の副大臣、政務官を出した。9月の党総裁選で首相と争った石破派から政務官2人を起用した。他の派では3人増えた麻生派を除き、横ばいか1人の増減で大きな変動はない。

総裁選で石破茂元幹事長を支持した参院竹下派のうち、首相を支持した佐藤正久外務副大臣は留任した。その他の参院竹下派の議員の起用はなく、竹下派全体では1人減った。

女性は計6人だった。3日に発足した第4次安倍改造内閣では女性の入閣が1人だけだった。安倍晋三首相は4日、首相官邸で国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事と会い「副大臣は過去最高の5人の女性が入った」と紹介。「女性が働きやすい環境をつくっていきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。