/

この記事は会員限定です

M&Aに新潮流 標的は後継難の地方中小企業

[有料会員限定]

武田薬品工業など日本企業による海外での大型買収・合併(M&A)が目立つが、一方で国内でもM&Aの新しい流れが起きつつある。それが地方の中小企業を対象にしたM&Aだ。高い技術力を持ちながら後継者がおらず、やむなく廃業する中小企業は少なくない。東証マザーズ上場のシェアリングテクノロジーは、こうした中小企業を買収し、事業を多角化している。また新興企業による地方中小企業の買収を仲介するビジネスも台頭している。

シェアリングテクノロジーの主力業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン