トヨタが選んだ「ソフトバンク配車連合」の存在感

2018/10/4 16:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ウーバーテクノロジーズなど世界のライドシェア大手を束ねるソフトバンクグループが、トヨタ自動車と手を組んだ。トヨタはすでにKDDIやNTTとコネクテッドカー(つながる車)の分野で提携しているが、共同出資会社をつくる相手として選んだのはソフトバンクだった。次世代の移動サービスにおける同社の存在感が日増しに高まっている。

■ウーバー・滴滴・グラブに出資

米ウーバー、中国の滴滴出行、シンガポールのグラブ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]