2018年10月22日(月)

三菱重工の最新鋭潜水艦「おうりゅう」が進水

貿易摩擦
日本の守り
自動車・機械
中国・台湾
北米
2018/10/4 13:14
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業が防衛省から受注した潜水艦が4日、同社の神戸造船所(神戸市)で進水した。艦名は「おうりゅう」。潜水艦として初めて搭載されるリチウムイオン電池など、最新技術を詰め込んだ。米トランプ政権が貿易赤字の解消を目指して日本に武器の購入を増やすよう圧力を強めるなか、新鋭艦は日本の得意分野である艦船技術を維持する役割も担う。

2005年から建造している「そうりゅう型」の11番艦で、20年3月の引き渡しを予定している。全長84メートル、基準排水量2950トン。水中の速力は約20ノットという。

おうりゅうは従来のそうりゅう型の大幅アップグレード版だ。従来型と大きく異なるのは、これまでの鉛蓄電池に代えてリチウムイオン電池を搭載した点。蓄電容量が大幅に増大し、非大気依存推進(AIP)システムの搭載もやめた。

海上自衛隊の潜水艦はディーゼルエンジンを回して発電した電気を蓄電池にためておき、作戦や戦闘の際には電池からの電力だけで艦を動かす。エンジン音を消し、敵に見つかりにくいようにすることで優勢に戦う。リチウムイオン電池を搭載することで、行動半径や水中での活動時間が大幅に向上する。

トランプ政権の誕生以降、米国は貿易赤字の解消に向けて防衛装備品の購入拡大を日本に求めている。特に有償軍事援助(FMS)を通して購入する武器は年々増加している。「イージス・アショア」のように高性能の武器の確保につながる一方、ライセンス生産と異なり国内の防衛産業への恩恵は乏しい。ブラックボックスとなるため、技術力の向上にもつながりにくい。

艦艇は造船業の基盤が厚い日本が独自技術を持つ分野だ。次期戦闘機では国産化に暗雲が垂れこめる。国内の技術力が生き、性能への評価も高い潜水艦は残された「牙城」といえる。商船で中国や韓国勢に押されている総合重工の造船部門にとって、防衛需要は重要な収益源になっている。

おうりゅうは三菱重工が建造するそうりゅう型の最後の艦。今回の建造で培ったリチウムイオン電池などの最新技術は次の3000トン型潜水艦にも使われる見通しだ。国産防衛装備の技術力を維持し、国内防衛産業の基盤を保てるかの正念場を迎えている。

(朝田賢治)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報