/

ホンダとGM、自動運転で提携 GM子会社に出資

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は3日、自動運転技術で提携すると発表した。自動運転分野のGM子会社にホンダが7億5千万ドル(850億円)を出資し、次世代技術を共同開発する。自動運転を巡ってはIT(情報技術)大手などと業種の垣根を越えた開発競争が激しくなっている。ホンダとGMは自動運転で世界最大の連合を作り、次世代技術の世界標準を握りたい考えだ。

ホンダが出資するのはGM子会社のGMクルーズホールディングス。GMが2016年に約10億ドル(約1100億円)で買収した企業が母体で、18年にソフトバンクグループが自社で運営するファンドを通じて約2割を出資している。さらにホンダは今後12年間で、約2200億円を事業資金として自動運転事業に投入する。

ホンダ、GM両社の世界販売台数は合計で年1500万台に迫る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン