中国「一帯一路」向け投資、過去最高に 17年3割増の2.2兆円に

2018/10/3 20:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国による「一帯一路」沿線64カ国向けの直接投資が、2017年に前年比32%増の201億ドル(2兆2千億円)と過去最高になった。このうち米シンクタンクが「過剰な借り入れ」を指摘したパキスタンやラオスなど8カ国向けは前年比43%増の22億ドルに急増、投資残高も200億ドルに迫った。小国に貸し込んで借金漬けにする「債務のワナ」との批判が強まる可能性がある。

中国商務省が公表した17…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]