2019年3月24日(日)

大阪・御堂筋のオフィスビル 外資系が取得

2018/10/3 20:26
保存
共有
印刷
その他

米不動産投資顧問会社、ラサール・インベストメント・マネージメント(シカゴ)は3日、同社が設立した合同会社を通じて、大阪市北区で御堂筋に面して建つオフィスビル「御堂筋フロントタワー」を購入したと発表した。取得額は非公表。同市内でオフィスビルの空室率が低いため、オフィス需要が高いと判断した。

御堂筋フロントタワー(大阪市北区)

同ビルは2010年に完成したが、テナントが入居していない空きビル状態が続いていた。

同ビルは地上20階建て、延べ床面積約1万8201平方メートル。10月下旬から改装を始めて2019年の初めに終え、開業したい考え。敷地は1737平方メートルで映画館の大阪東映会館の跡地だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報