2019年2月17日(日)

京都のファンドに出資 中小機構が8億円 20億円規模に

2018/10/3 20:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

独立系のベンチャーキャピタル(VC)、栖峰(せいほう)投資ワークス(京都市)は、自社が運営するファンドに中小企業基盤整備機構(中小機構)から8億円の出資を受けた。ファンド規模は20億円に拡大し、関西を中心に有望企業への投資を拡大する。

栖峰投資ワークスは2017年8月に設立されたVC。ヘルスケアやインフラ分野で活用できる最新技術を持つ企業の育成を目的に同年11月に約12億円規模でファンドを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報