/

相鉄、19年に新型車両 JR直通に対応

相模鉄道は3日、2019年度の下期に予定しているJRとの相互直通運転に向け、新型車両「12000系」を投入すると発表した。横浜をイメージした濃紺色で車体を全塗装するなどして、乗り入れ先の東京都内などで相鉄のブランドを認知しやすくする。19年春に10両編成1本を投入、19年度末までに6本に増やす予定だ。

JRとの直通運転に向けて新型車両を投入する

新型車両は車内の防犯カメラや前方監視カメラ、ホームドアのある駅で停止位置を調整する装置などを初めて搭載する。直通運転のためにシステムをJRにあわせる。車両はJR東日本子会社の総合車両製作所(横浜市)に発注し、同社が基本仕様を標準化したステンレス車両「サスティナ」を用いる。

内装は全車両にベビーカー・車いすのスペースを設けるなど利用者にやさしい設計とした。空気清浄機や、時間帯に応じて色合いや明るさを調節する発光ダイオード(LED)照明を取り入れるなどして車内の快適性も高めるという。

相鉄は22年度に予定する東急線との直通運転向け車両「20000系」を2月に投入している。近隣で宅地造成を進めるなど、JRや東急への直通運転に向け準備を進めている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン