2018年10月17日(水)

ノーベル化学賞、米英の3氏に たんぱく質改良手法で

ヘルスケア
科学&新技術
2018/10/3 19:23
保存
共有
印刷
その他

スウェーデン王立科学アカデミーは3日、2018年のノーベル化学賞を、米カリフォルニア工科大学のフランシス・アーノルド教授(62)、米ミズーリ大学のジョージ・スミス名誉教授(77)、英医学研究会議のグレゴリー・ウインター博士(67)の3氏に授与すると発表した。自然界の進化の仕組みをまねてたんぱく質を人工的に改良する手法などを利用し、創薬などの効率化に大きく貢献した。

フランシス・アーノルド氏=ロイター

ジョージ・スミス氏=AP

グレゴリー・ウインター氏=AP

アーノルド氏は進化の仕組みをまねた「指向性進化法」と呼ばれる手法を利用し、たんぱく質の一種である酵素の機能を目的に応じて高めることに成功した。これによりランダムに変化した酵素の中から、目的の反応を促すもののみを選び、狙い通りに改良することなどができるようになった。バイオ燃料や医薬品の製造の効率化などに活用されている。

スミス氏はたんぱく質が病気の原因となる物質などにくっつくときの作用を網羅的に調べる「ファージディスプレー」と呼ぶ手法を開発。ウインター氏がこれを医薬品などに使うヒトの抗体の作製に応用する道を開き、世界中で使われる関節リウマチなどの治療薬の開発につなげた。

授賞式は12月10日にストックホルムで開く。賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億1400万円)で、3氏が分ける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報