北海道地震の停電 企業の売上高影響は1318億円

2018/10/3 20:30
保存
共有
印刷
その他

北海道は3日、震度7を観測した北海道地震で6日未明から数日間続いた停電による道内の商工業関連企業の売上高への影響が、推計で1318億円だったと発表した。これとは別に観光業でも9月30日時点で宿泊キャンセルが延べ114万9千人分発生。交通費や飲食・土産物などを含む観光全体への影響額は356億円にのぼるとの推計も明らかにした。

停電時の影響額は道内の卸売業や小売業、製造業などの企業を対象に道が調査した。建物や設備の損傷といった直接的な被害が約120億円。停電による商品や原材料の破棄といった影響が約136億円だった。

6日未明から続いた北海道での停電により、道内の企業は店舗の営業や工場の操業を取りやめた。売上高への影響額は2日で商業が約986億円、工業は約332億円だったと推計している。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]