2019年5月21日(火)

メラニア夫人アフリカ歴訪 米、関係修復狙う?

2018/10/3 18:44
保存
共有
印刷
その他

【ナイロビ=共同】トランプ米大統領のメラニア夫人は2日、西アフリカ・ガーナの首都アクラに到着、アフリカ歴訪を開始した。ファーストレディーとして初の単独大型外遊となる。AP通信が報じた。

マラウイ、ケニア、エジプトも訪問する予定。トランプ氏は1月、アフリカを「汚らわしい国」と侮辱したとされ、批判を浴びた。メラニア夫人の訪問には、アフリカとの関係を修復したい米国の思惑がありそうだ。

メラニア夫人は2日にアクラの病院を訪れ、看護師が乳児に栄養を与えたり、体重を量ったりする様子を視察。自身も笑顔で赤ん坊を抱いた。ガーナのアクフォアド大統領夫人とも面会した。

一方、市民からは「ガーナに来ていることを知らなかった」「メラニアの名前なんて聞いたことがない」などの冷めた声もあがった。

ホワイトハウスによると、メラニア夫人がアフリカを訪れるのは初めて。各国の病院や学校で子どもたちと触れ合うという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報