セブン「ポスト鈴木」探る 後継プラン、ようやく開始

2018/10/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスは3月、リーダーを育てる後継者育成計画(サクセッションプラン)を実行に移した。井阪隆一社長(61)も入り、20人を超す取締役や執行役員が月1~2回、東京・四ツ谷の本社会議室にこもる。

経営学、ファイナンス、マーケティング。講師に耳を傾ける座学から始めた。今後、後継者の候補リストを作る。よくある風景だが、セブン&アイの場合は重みが違う。

「不徳のいたすところだ」。鈴木…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]