宇宙ビジネス、流れ星をいつでも身近に
ポスト平成の未来学

2018/10/4 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

僕(31)はあのときの星空が忘れられない。2014年夏、岡山県の美星町。その名の通り、美しい星空で天文ファンに知られるこの町で、ペルセウス座流星群を見た。「宇宙って意外と近い」。言葉にすると少し恥ずかしいけれど、真夏の夜空を彩る流れ星にこんなことを思った。長い歴史の中で人類を魅了し続ける宇宙。このフロンティアを舞台に人々を驚かせるビジネスが生まれていると聞き、取材に向かった。

きれいな流れ星をい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]