TSMC張氏、台湾のAPEC代表に 蔡政権、孤立回避へ切り札

2018/10/3 15:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作】台湾の総統府は3日、11月にパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の代表に、台湾積体電路製造(TSMC)の創業者、張忠謀(モリス・チャン)氏(87)を起用すると発表した。張氏は半導体の産業構造を一変させたカリスマ経営者。知的財産権や貿易摩擦など今回の焦点となるテーマに精通しており、会議で注目を集めそうだ。

APECは台湾が正式参加できる数少ない…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]