IFRSの拡大と会計の変質(8) 日本企業の採用も増加
田中弘 神奈川大学名誉教授

2018/10/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業は2010年から国際会計基準(IFRS)を使った連結財務諸表の作成が可能になりました。東京証券取引所によれば、18年6月末時点でIFRSの適用企業が161社、適用を決定・予定している企業が43社です。大企業の採用が多いため、両方を合わせた204社で東証上場企業の時価総額670兆円の33%を占めています。

業種別では、電気機器(日立製作所、パナソニックなど28社)、情報・通信業(NTTドコ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]