/

この記事は会員限定です

企業は「消費者余剰」生み出せ 此本臣吾氏

野村総合研究所社長

[有料会員限定]

野村総合研究所の「生活者1万人アンケート調査」では、賃金水準が伸び悩む中でも、自身の生活レベルへの満足度は意外に高いという結果が出た。デジタル化の進展で、賢く消費できるようになったことが背景にあるようだ。音楽や動画はネットで無料視聴できるし、価格比較サイトをみれば価格の安いものを簡単に見つけられる。ポイントやマイレージを使ってお得な買い物ができる時代だ。

経済学では、消費者が最大に支払ってもよいと考える価格を「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン