2019年7月17日(水)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

川崎と広島、僅差のJ1優勝争い スリル呼ぶ終盤
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2018/10/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

台風の影響で3試合が未消化なものの、9月末時点で全34節のうち28節を終えたJリーグ。J1優勝争いは川崎と広島の2チームに絞られた。ともに17勝5分け6敗の勝ち点56。得失点差でわずかに上回る川崎が首位。3位鹿島以下は勝ち点で10以上の大差をつけられ、逆転は極めて困難だ。

ワールドカップによる約2カ月間の中断前の15節で12勝1分け2敗、勝ち点37を挙げた広島の強さには、誰もが驚いた。2017年は攻撃陣の不調で極度の不振に陥り、シーズン半ばで森保一監督が退任。スウェーデン人のヤン・ヨンソン監督に交代したものの成績が伸びず、最終的に勝ち点33、かろうじて16位での残留だった。

今季は城福浩監督が就任。しかしタイ代表FWティーラシンのほかは大きな補強もなく、今季の躍進を予想した人はほとんどいなかっただろう。

だがシーズンが始まると堅固な守備と攻撃に出たときの決断力に富んだプレーで開幕から3月末まで4勝1分け。勝利はすべて1点差だった。そして前年の半ばにG大阪から移籍したブラジル人FWパトリックが第5節から得点を量産するようになると独走が始まった。

城福監督は4-4―2システムを採用、「4-4」の堅固なブロックを武器に、中断前の15試合のうち10試合が無失点だった。そのなかで目立ったのは、城福監督が甲府で指揮を執っていた時代にプロ契約したMF稲垣祥だ。17年に広島に移籍していたこの選手を城福監督は開幕からベテランのMF青山敏弘と並べてボランチに起用。稲垣―青山ラインの強さが快進撃を支えた。

川崎の攻撃力は間違いなくJリーグでナンバーワン=共同

川崎の攻撃力は間違いなくJリーグでナンバーワン=共同

一方の川崎は、リーグ前半はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)とのかけもちで苦しんだ。5月上旬には浦和とFC東京にホームで連敗。順位も5位に落ち、首位広島との勝ち点差は「13」と今季最大となった。

7月中旬のリーグ再開後、川崎は徐々に順位を上げ、8月15日の第22節終了時には勝ち点を40に伸ばして2位に上がったが、それでも首位広島との差は9あった(ただし川崎は1試合少なかった)。

川崎は中断期間中にMFエドゥアルド・ネットが名古屋に移籍。レギュラーとして中盤を支えてきたエドゥアルド・ネットの移籍は大きかったが、流通経済大出身の新人MF守田英正がすぐにその穴を埋めた。そしてこの守田が日本代表のデビュー戦で負傷すると、今年湘南から移籍したMF下田北斗が代わって中盤を支えた。

ボランチの大島僚太を軸に、前線にMF家長昭博、MF中村憲剛、MF阿部浩之、そしてワントップにFW小林悠が並び、右からDFエウシーニョ、左からはDF車屋紳太郎が攻め上がる川崎の攻撃力は間違いなくJリーグでナンバーワンだ。多彩なパスワークで試合を支配する力は、初優勝を飾った前年に勝るとも劣らない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
7月7日のG大阪戦の後半、ディエゴオリベイラのゴールをアシストし、高萩(左)と抱き合って喜ぶFC東京・永井。眠っていた才能が覚醒したようだ=共同共同

 Jリーグは「折り返し」を過ぎ、7月7日までに全34節中の18節を消化した。FC東京が12勝3分け3敗、総得点28、総失点13、勝ち点39というすばらしい成績で、2位横浜F・マリノス(勝ち点33)以下 …続き (7/11)

南米選手権のエクアドル戦でパスを出す久保建。フル代表でも堂々たるプレーぶりだった=ロイターロイター

 エクアドルに勝ちきることができず、日本代表のコパアメリカ(南米選手権)はグループリーグ敗退で終わった。しかし今大会に参加した若い代表チームは、試合ごとに成長と進化の跡を見せ、最終的には、優勝候補筆頭 …続き (6/27)

エルサルバドル戦の前半、パスを出す冨安。3バックの果敢なプレーが目立った=共同共同

 森保一監督率いる日本代表は、6月5日にトリニダード・トバゴと、そして9日にエルサルバドルと、国内で2つの親善試合をこなし、1勝1分けの結果を残した。
 3月下旬の親善試合から2カ月半、9月上旬に始まる …続き (6/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。