日本サッカー世界への挑戦

フォローする

川崎と広島、僅差のJ1優勝争い スリル呼ぶ終盤
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
(1/2ページ)
(1/2ページ)
2018/10/5 6:30
保存
共有
印刷
その他

台風の影響で3試合が未消化なものの、9月末時点で全34節のうち28節を終えたJリーグ。J1優勝争いは川崎と広島の2チームに絞られた。ともに17勝5分け6敗の勝ち点56。得失点差でわずかに上回る川崎が首位。3位鹿島以下は勝ち点で10以上の大差をつけられ、逆転は極めて困難だ。

ワールドカップによる約2カ月間の中断前の15節で12勝1分け2敗、勝ち点37を挙げた広島の強さには、誰もが驚いた。2017年…

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
「オリンピック世代を含め30人近くの選手を呼んで意思疎通をはかりたい」と語る森保監督(15日)=共同共同

 「10月のFIFAインターナショナルウィンドウ(FIW)を利用して、サムライブルーはオランダで二つの国際試合を行うことになった」
 9月11日、日本サッカー協会の反町康治技術委員長は、協会公式サイト上 …続き (9/17)

8月19日の鹿島戦で先制ゴールを決める横浜FC・皆川(中央)=共同共同

 自陣のペナルティーエリア内にいるゴールキーパー、そしてタッチライン外から行うスローインを除いて、サッカーでは「手」を使うことができない。これこそサッカーを他の競技から際立たせている特徴に違いない。
  …続き (9/3)

昨年度の第99回天皇杯では神戸が初優勝を果たした


 世界のサッカーファンの耳目はポルトガルのリスボンで行われている欧州チャンピオンズリーグの「ファイナル8」に注がれている。しかし日本では、この大会よりはるかに歴史があり、第100回という記念すべき年を …続き (8/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]