2019年1月21日(月)

風が吹けば「船」がもうかる 洋上風力、造船に商機

2018/10/3 12:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生可能エネルギーの拡大が造船各社に商機をもたらしている。国内の総発電容量の約3分の1に匹敵する9000万キロワットもの潜在性があるとされる洋上風力発電がその舞台だ。風車を据え付ける専用船など、造船の技術や設備を生かせる新市場が広がる。環境や社会、企業統治を重視する「ESG投資」が背中を押す再エネへの転換は、造船のような旧来型産業をも巻き込み新たなサプライチェーンを形作ろうとしている。

■巨大風車

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報