2018年12月17日(月)

「アグリテック」米国で脚光 農業ロボ、資金調達2倍

スタートアップ
北米
2018/10/3 10:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米国を中心に果樹の収穫ロボットなど「アグリテック」と呼ばれる分野の新興企業への投資が広がっている。2017年の関連スタートアップ企業の資金調達額は前年の2倍近くに拡大。ベンチャーキャピタルに加え、農業に関わる大企業が資金の出し手として台頭してきた。人工知能(AI)技術の普及に加え、慢性的な人手不足が農業の自動化を後押ししている。

シリコンバレーから車で2時間ほど南にあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

AI農業支える「カイゼン」の現場哲学[有料会員限定]

2018/9/20 6:30

AI半導体、農業や物流分野に広がる[有料会員限定]

2018/9/13 20:00

ヤマハ発、農業ロボVBに出資 収穫・梱包を自動化[有料会員限定]

2018/3/28 23:00

インド農業、ITで変身 スマホで栽培指南[有料会員限定]

2018/5/23 20:30

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報