2019年4月21日(日)

住民側、抗告断念を決定 伊方原発再稼働容認確定へ

2018/10/2 23:12
保存
共有
印刷
その他

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の再稼働を認めた広島高裁の異議審決定について、住民側は2日、最高裁へ抗告しないことを正式に決めたと発表した。運転差し止めを求める仮処分の審理が終結し、決定が確定する。

住民側によると、最高裁で判断が維持された場合、全国の同種裁判に影響を与える可能性を懸念し、1日に臨時総会を開き全会一致で決定。総会では別の仮処分を申し立てる方針も決めた。

伊方原発を巡っては、広島高裁が昨年12月の即時抗告審で、運転差し止めを決定。四国電が異議を申し立て、9月25日に高裁の別の裁判長が再稼働を認める判断を示した。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報