/

この記事は会員限定です

分断、諦め、消極支持… 沖縄の有権者、苦渋の一票

沖縄の選択2018

[有料会員限定]

沖縄県知事選の投開票から一夜が明けた1日。紺色のかりゆし姿の玉城デニー氏(58)は、那覇市内の翁長雄志知事の自宅に姿を見せた。「これからも一生懸命頑張るので、見守っていてください」。遺影に手をあわせ、約10分の当選報告を終えた。

米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対し続けて亡くなった翁長氏。「これ以上新しい基地を造らせないという翁長氏の思いが県民に宿っていた」。玉城氏は当選を決めた夜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン