/

この記事は会員限定です

三井製糖・千葉工場、海外拠点のモデルに

創る ちばの戦略拠点

[有料会員限定]

国内の製糖業界でトップシェアを誇る三井製糖。千葉工場(市原市)は一大消費地である首都圏への出荷分をすべてカバーする同社の主力工場だ。人口減少や健康志向の高まりを背景に国内市場の縮小傾向が続くなか、国外の製糖工場と積極的な人的交流を通じてモデル工場の役割を果たしている。

原料となる糖はオーストラリアやタイから大型船で運ばれ、産地別に保管される。まず原料糖の表面に付いている不純物や色素を除去して液体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン