/

埼玉高速鉄道、自動運転バスの実証実験

埼玉高速鉄道は群馬大学と連携して、浦和美園駅そばの歩行者専用道路で自動運転バスの実証実験を実施した。実験場所に用いた道路は埼玉スタジアム(さいたま市)と浦和美園駅をつなぐ約700メートル。試合開催時のアクセス改善や、地域拠点施設を巡る交通手段の一つとしたい考えだ。

実験は9月29日、群馬大学の次世代モビリティ社会実装研究センターと連携して開催した。自動運転を研究する同センターと、EV(電気自動車)開発のシンクトュギャザー(群馬県桐生市)が共同開発した車両「eCOM-10」を用いた。16人乗りのEVバスで、実験では時速約15キロメートルで走行した。

今後は公道での実験も目指す。駅やイオンモール浦和美園、埼玉県が浦和美園地区に誘致している順天堂大学(東京・文京)医学部付属病院といった拠点を巡る手段にも活用したい方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン