/

この記事は会員限定です

組織改革待ったなし 新文科相に柴山氏

[有料会員限定]

第4次安倍改造内閣が2日発足し、不祥事に揺れる文部科学省は弁護士経験のある柴山昌彦氏(52)をトップに迎えた。省内の組織風土の見直し、大学入試改革、スポーツ界の健全化など課題は山積。職員は「大臣交代を立て直しの転機に」と気を引き締める。柴山氏は同日夜の就任記者会見で「国民の信頼を、一刻も早く取り戻すことが重要だ」と力を込めた。

「職員全員が心を入れ替えて組織を立て直さないと、もう後がない」。同省の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン