千葉・いすみ市、定住対策でクラウドソーシング活用

2018/10/3 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

若者の定住に不可欠な雇用対策に、ウェブ上で仕事を仲介するクラウドソーシングを活用する動きが広がっている。千葉県いすみ市は10月から、クラウドワーカーを収入面で支援する取り組みを開始。同県南房総市ではクラウドワーカー育成が地域貢献につながる例が出てきた。働く場所を問わないインターネットを使った新たな働き方で、若者の定着を狙う。

いすみ市とクラウドワークス、同市などでコワーキングスペース(共用オフィ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]