/

インド首都郊外で農民数千人がデモ

【ニューデリー=黒沼勇史】インド北部ウッタルプラデシュ(UP)州の農民数千人の大規模デモが2日、首都ニューデリーとの州境に到着し、デリー警察が催涙弾や放水で越境を止める騒動が起きた。「インド小作人連盟」という農民の政治団体が9月23日にUP州西部を出発し、借金免責を求めたほか、電力・燃料の高騰に抗議していた。

地元メディアによると、ラジナート・シン内相は2日、要求の大半を受け入れると表明した。来年4~5月に総選挙を控え、モディ政権は農業資材の購入に補助金を出すなど、農民支援を打ち出している。ただ燃料高騰などに苦しむ農民は依然多く、政権を批判する声が各地で出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン