永井酒造、群馬産米「雪ほたか」使った発泡日本酒

2018/10/3 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

永井酒造(群馬県川場村)は地元で限定栽培されるコシヒカリ「雪ほたか」を使ったスパークリング日本酒を1千本限定で販売する。「MIZUBASHO 雪ほたか Awa Sake」と名付け、18日に発売する。全国30カ所の特約店で720ミリリットル入り7560円で販売するが、すでに多数の予約が入ってるという。

同社はすでにスパークリング日本酒を生産しているが、これまでは兵庫県産の酒米「山田錦」を使っていた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]