2018年12月19日(水)

五島産業汽船、全航路を休廃止 五島列島―九州本土

サービス・食品
九州・沖縄
2018/10/2 17:14
保存
共有
印刷
その他

五島列島と長崎市や長崎県佐世保市などを結ぶ旅客船を運航する五島産業汽船(長崎県新上五島町)が全4航路を休廃止したことが2日、明らかになった。年間19万人前後の乗客が利用していたもようで、日常の足として使っていた五島市や新上五島町の住民の生活に影響を与えそうだ。

【関連記事】長崎・五島産業汽船が破産へ 社長「判断甘かった」

運休を知らせる張り紙が貼られた五島産業汽船の乗車券売り場(長崎港ターミナル)

運休を知らせる張り紙が貼られた五島産業汽船の乗車券売り場(長崎港ターミナル)

九州運輸局によると、五島産業汽船は9月25日に定期航路の佐世保(長崎県佐世保市)―有川(新上五島町)の航路を廃止する届け出を提出した。10月1日には長崎―鯛ノ浦(同)、佐世保―福江(五島市)の航路を2019年10月30日まで休止する届け出、不定期で運航していた長崎―崎津(天草市)も1日付で廃止する届け出を出した。

九州本土と五島列島を結ぶ航路は7航路あり、17度の旅客数は108万人だった。このうち五島産業汽船と九州商船(長崎市)が3航路ずつ運航している。九州商船が年間75万8000人を輸送し、シェア約7割を占めるとみられる。

五島産業汽船の本社のある新上五島町は「突然のことで驚いている。住民の足に影響が出てくるのは確実だ」(総合政策課)としている。3日には町議会で航路対策特別委員会を開催し、今後の対応を協議する予定だ。

長崎港ターミナルにある五島産業汽船の乗船券販売窓口はブラインドが下ろされ、「会社都合につきしばらくの間運休いたします」などとした「お知らせ」が貼ってある。五島列島に渡航しようと訪れた長崎市内の50代女性は「何が起きているのか理解できない。予約していたのに乗れないのか」と途方に暮れていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報