2019年1月23日(水)

九電、余剰電力 中国や関西に送電 太陽光増で

2018/10/2 16:21
保存
共有
印刷
その他

九州電力は2日、太陽光や風力発電の増加を受け、余剰電力を中国地方以東の本州に送電したことを明らかにした。九州では太陽光発電の急増で電力供給力が高まっている。需給バランスが崩れれば大規模な停電が起きる可能性もあり、今後、他地域への送電でも調整できない場合は太陽光・風力の発電事業者に稼働停止を求める「出力制御」をする方針だ。

九電は9月30日、広域で電力需給を調整する電力広域的運営推進機関に対し、他の地域と電気をやり取りする連系線を使って電気を送ることを要請した。10月1日午前9時から午後2時半、最大112万5000キロワットで、関西電力中国電力など西日本エリアに送電した。

九州は再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)が始まった2012年以降、大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設が相次いだ。

九電は火力発電の出力を抑えたり余った電気で水をくみ上げる揚水式発電を活用したりし、需給バランスを調整。ただ1日は台風24号の影響により、揚水式発電所の一部が使えない恐れがあったので他地域への送電を要請した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報