2018年12月15日(土)

高速バス65社、乗り放題券の通年販売を開始

サービス・食品
2018/10/2 15:44
保存
共有
印刷
その他

京王電鉄バス(東京都府中市)など高速バス事業者65社は、訪日客向け高速バス乗り放題券の通年販売を始めた。短期滞在する外国人旅行者の需要を狙い、新たに3日券や5日券も追加した。安価で観光したいアジア各国の訪日客などを取り込んでいく。

訪日客向け乗り放題パスに3日券や5日券という短期滞在者用を作った

通年販売する「JBLパス」は、北海道から九州まで35都道府県の93路線が乗り放題だ。大手バス会社のウィラー(大阪市)や京王電鉄バスなどが立ち上げた「JAPAN BUS LINES協議会」のホームページ上で提供する。英語のほか、韓国語や中国語に対応している。

3日券(1万5千円)や5日券(1万8千円)、7日券(2万1千円)は年末年始やゴールデンウイーク、お盆期間を除くほぼ通年で利用可能になる。14日券(2万9千円)は7~9月限定で用意する。

2016年から乗り放題券を販売していたが、長期滞在者向けの7日券と14日券のみで、発売期間も9~3月だけだった。旅行者から「発売時期が限定的」「より短い日数でも使える乗り放題券が欲しい」との声が寄せられていた。

訪日外国人客数は増加傾向で、17年は前の年比19%増の2869万人。政府は20年に4000万人に増やすことを目指す。人口減で国内のバス市場の縮小が予想されるなか、訪日客需要に活路を見いだす。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報