/

スマホゲーム、台湾や香港などで配信 グリー系

グリー傘下のゲーム開発会社ポケラボ(東京・港)は2日、スクウェア・エニックスと共同開発したスマートフォン(スマホ)ゲーム「シノアリス」を台湾や香港、マカオで配信すると発表した。同ゲームを海外で配信するのは初めて。グリーは海外企業と組み、自社のスマホゲームの海外展開を進めている。

日本のスマホゲームの配信を手掛ける、台湾のKOMOEテクノロジーが配信する。シノアリスはスクエニの家庭用ゲームソフト「ニーア」シリーズなどで人気が高い、著名ゲームクリエイターのヨコオタロウ氏が原作などを手掛けた。8月時点で400万人以上のユーザーを獲得している。台湾や香港などにもヨコオ氏のファンがいることからシノアリスの人気も高まると期待できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン