2019年7月23日(火)

オリパラ考

フォローする

リー・チョンウェイは東京五輪に間に合うか
編集委員 北川和徳

2018/10/3 6:30
保存
共有
印刷
その他

圧倒的な実力を誇りながら、4年に一度の五輪で勝てない選手がいる。今ならバドミントン男子のリー・チョンウェイ(35)がその代表格だろう。2008年北京、12年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪のシングルスで3大会連続の銀メダル。2年後の東京で悲願成就を目指すのかと注目していた彼について、心配なニュースが入ってきた。

リーはマレーシアの国民的英雄(2018年4月の英連邦競技大会)=ロイター

リーはマレーシアの国民的英雄(2018年4月の英連邦競技大会)=ロイター

今夏から体調不良を理由に大会を欠場していたのだが、マレーシア・バドミントン協会が鼻のがんで治療中だと発表した。進行のステージは浅く、経過は順調と伝えられているが、復帰は東京五輪に間に合うだろうか。

金メダルに無縁も際立つ存在感

桃田賢斗(24、NTT東日本)が日本男子初の世界ランク1位に立ったことで、あらためて歴代の1位選手の推移を調べて驚いた。リーの存在感は際立っている。

世界バドミントン連盟(BWF)のホームページでさかのぼれる09年10月以降、現在まで丸9年のうち通算で約6年はリーがランク1位。特に14年12月までは1位を譲ったのは12年ロンドン五輪前後の約2カ月しかない。

14年の世界選手権で故障への医学的治療が原因となるドーピング違反で8カ月の出場停止処分を受けてランキングを下げるが、復帰するとリオ五輪直前にまた定位置に戻り、さらに1年近く1位を維持した。

これほど圧倒的で安定した強さを誇りながら五輪の金メダルには縁がない。世界選手権のタイトルさえ獲得していない。年下の林丹(34、中国)という勝負強いライバルがいたこともあるが、リオでは林丹を準決勝で下した後、同じ中国の諶龍(29)に屈した。

マレーシアはあらゆる競技を通じてまだ五輪の金メダルを取っていない。母国の国民的英雄である彼の胸中を思うと、切ない気持ちにさえなる。

年齢を重ねて体調の維持が難しくなっても、リーのプレー自体には衰えはなかった。休養前のマレーシア・オープン決勝では21連勝中だった桃田を2-0で破った。翌週のインドネシア・オープンは桃田が雪辱したが、ベストコンディションで臨めば、今の桃田と互角に戦える数少ない相手だろう。

桃田もリーのコート復帰を待ち望んでいる=共同

桃田もリーのコート復帰を待ち望んでいる=共同

リーは2年前、不祥事で謹慎してコートを離れていた桃田にこんな言葉を贈っている。「百パーセント正しい道を歩める人間はいない。間違いを犯したら、それに気付き、自分を変えて、強くなって帰ってくればいい」

その言葉に見事に応える形で世界1位に立った桃田に、リーへの気持ちを聞いた。「彼との試合ではいつも特別な感情になる。学ぶこともすごくたくさんある。少しでも早くコートに戻ってきてほしい」

(20年東京五輪開幕まであと660日)

オリパラ考をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
メダル用のリサイクル金属の回収が完了したことについての報告会で、記念写真に納まる2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(前列中央)ら=共同共同

 東京五輪・パラリンピックの表彰式で授与される約5000個のメダルを不要になった携帯電話や小型家電から回収した素材で賄う「都市鉱山からつくる! みんなのメダルプロジェクト」で、大会組織委員会は金銀銅の …続き (7/19)

 国際オリンピック委員会(IOC)は6月の総会で2026年冬季五輪の開催都市にイタリアで共催するミラノ・コルティナダンペッツォを選んだ。膨れあがる開催経費を嫌って五輪招致熱は冷え込み、五輪は複数の都市 …続き (7/14)

東京都庁で小池百合子知事(右)と握手するJOCの山下泰裕会長。山下会長も幻のモスクワ五輪代表である=共同共同

 山下泰裕新会長のもとで新たなスタートを切った日本オリンピック委員会(JOC)と日本スポーツ協会(JSPO)を再統合する案が語られるようになってきた。
 この話題になると必ず登場するのが、国によるスポー …続き (7/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。