2019年6月27日(木)

スマホで飲食注文、カラオケまねきねこが19年春導入

2018/10/2 17:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

カラオケチェーン店を運営するコシダカは2018年10月1日、店舗会員向けのスマートフォン(スマホ)アプリの配信を始めた。会員カードで提供しているポイント管理や来店回数に応じた利用料の割引といった機能を備える。19年春には会員自身が自分のスマホを使って、カラオケルームから飲食を注文できるモバイルオーダー機能も提供。顧客の利便性向上と店員の負担軽減やミス防止の両立を目指す。

スマホアプリの画面例(出所:コシダカ)

スマホアプリの画面例(出所:コシダカ)

スマホアプリはモバイル決済システムの開発・提供を手掛けるShowcase Gig(ショーケースギグ、東京・港)と共同で企画・開発した。コシダカが全国で500店超を運営する「カラオケまねきねこ」で利用できる。

会員は利用料100円につき、1ポイントを貯められる。貯めたポイントは利用料の割引といったクーポンと交換できる。ほかにも、来店回数や利用額に応じた割引サービスやミニゲームに使える。

■来店予約やキャッシュレス決済も検討

19年春に追加予定のモバイルオーダー機能は、会員がスマホアプリを使って食事や飲み物を注文し、店側のシステムで受け付けるというもの。スマホを使った事前注文・決済を担うシステム「O:der」をはじめとするShowcase Gigの知見を基に開発する。現在は客室内の内線電話や専用端末から注文を受け付けている。

コシダカは店員が内線電話で受け付けていた注文のミス軽減や専用端末のメンテナンスにかかるコストの削減を図る。スマホアプリからの来店予約やキャッシュレス決済の導入も検討する。スマホアプリ会員の目標数は19年1月に75万人。現在、紙の会員カードを使っている全ての顧客に、スマホアプリに移行してもらうことを目指す。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 玉置亮太)

[日経 xTECH 2018年10月1日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報