2019年6月16日(日)

「励まされ前向ける」 本庶さんから指導受ける若手研究者ら

2018/10/2 12:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった本庶佑さんは2005年3月末に京都大を定年退職後、京大が再雇用。現在は「免疫ゲノム医学」の研究室の代表として、学部生から若手教授まで約30人を指導する。

08年から研究室に所属する小林牧特定准教授(52)も本庶さんと同様に免疫の仕組みに関する基礎研究を進める。実験で思うような成果が上がらず気落ちすることも多いが、本庶さんは「新しい可能性を考えよう」「新たな仮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報