2018年11月16日(金)

ノーベル賞の本庶氏と小野薬、オプジーボに22年の執念

ノーベル賞
日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ヘルスケア
科学&新技術
2018/10/2 10:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大の本庶佑特別教授が1日、ノーベル生理学・医学賞を受賞することが決まった。小野薬品工業は本庶特別教授らの研究チームの成果を基にがん免疫薬「オプジーボ」を創製した。「革新薬」と称されることもあるオプジーボが生み出された裏には本庶氏と、抗がん剤では「素人」ともいえる小野薬品が、苦しみながらタッグを組み続けた長い歴史がある。

オプジーボはがん治療の現場を全く新しい領域に引き上げたとされる。エーザイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報