/

この記事は会員限定です

本庶氏受賞 日本の「お家芸」免疫、世界をけん引

[有料会員限定]

本庶佑氏へのノーベル生理学・医学賞授与が決まった免疫研究は、日本の「お家芸」といえる分野だ。免疫研究の層は厚く、世界をけん引するような優れた研究成果を次々と生み出してきた。伝統は現在も引き継がれている。

免疫学の巨人の一人が、今年7月に92歳で亡くなった石坂公成・米ラホイヤアレルギー免疫研究所名誉所長だ。戦後間もなく米国に渡った。そこで、花粉症などのアレルギーを引き起こす免疫グロブリン(IgE)と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り386文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン