合成樹脂で値上げの動き相次ぐ プライムポリマーなど

2018/10/1 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石油化学メーカーによる合成樹脂の値上げが相次いでいる。樹脂大手プライムポリマーは食品包装フィルムなどに使うポリエチレンを中心に販売価格を1割程度引き上げる。日本ポリエチレンや日本ポリプロも1日、値上げを発表した。原油高による主原料ナフサ(粗製ガソリン)の価格上昇が主因。今夏の値上げに続くもので、樹脂加工メーカーのコスト負担が重くなりそうだ。

値上げの対象はポリエチレンのほか、バンパーなど自動車部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]