2019年5月26日(日)

富士フイルム、東京・丸の内にAI開発拠点を新設

2018/10/1 18:38
保存
共有
印刷
その他

富士フイルムホールディングスは1日、AI(人工知能)技術を開発する拠点を東京・丸の内に新設すると発表した。研究者は富士フイルムが蓄積したデータにアクセスできるほか、最先端のスーパーコンピューターをディープラーニング(深層学習)に使える。同社が連携する研究機関の知見を活用する「オープンイノベーション」の場として位置づける。

新拠点は「Brain(s)」(ブレインズ)と名付ける。シェアオフィス大手の米ウィーワークの施設内に設ける。面積は約400平方メートル。富士フイルムの研究者が常駐するほか、同社がAI技術の開発で組む理化学研究所や東京大学の研究者が利用する。

富士フイルムは、医療画像や社会インフラ点検画像などのデータを提供する。非公開データも活用し、社会課題の解決につながるなどの技術開発を後押しする。同社は10月中に米エヌビディアのスーパーコンピューターを導入する。1台当たり1秒間に2000兆回と高い計算処理能力を持ち、新拠点からも専用回線でつなぎ使えるようにする。

新拠点は人材育成にも役立てる。大学や大学院の学生向けにインターンシップなどのイベントを開く。理研や東大などの研究者を講師に招き、学生、企業の技術者向けのセミナーを無料で提供する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報